カードローンの審査の利用方法

 カードローンとは、カードを利用して入出金を行う金融商品の事です。
消費者金融や信販会社、銀行など様々な金融機関が行っています。通常の融資よりも小額からの利用が可能であり、審査にかかる時間が短くなっている点が特徴となっています。

1990年代に消費者金融業者が、自動契約機を設置したりテレビコマーシャルを盛んに行うなどのイメージアップの努力を行った結果、カードローンの利用者は飛躍的に増加しました。

審査に申し込みやすく利用しやすいという点も支持を拡大した原因となっていましたが、借り過ぎた結果返済する事が出来なくなり自己破産をする人も増える事になります。

消費者金融は、出資法の上限金利での貸し付けを行っていたのですが、利息制限法の上限を大きく超えていました。出資法および貸金業者に関しての法改正が行われたのは、借り過ぎによって返済が苦しくなってしまう人を減少させる事が目的となっています。
総量規制という年収の3分の1以上の融資を受ける事が出来ないという規則が施行されています。貸付金利も利息制限法の範囲内という事が明確に規定されたので、現在のカードローンの金利は、法改正が行われる以前と比較すると10パーセント近く低くなっています。
総量規制の対象となっているのは、消費者金融系の業者と信販会社が行っているカードローンです。

これらを利用するときには、融資額に上限があることを理解する必要があります。


年収の3分の1とは、1社からの融資額ではなく融資総額であることに注意する必要があります。

今すぐ使えるカードローン 審査の情報もあります。

キャッシング 金利に関する情報満載です。

話題の無登記ローン情報を楽しくお得に利用しましょう。